クレカでギュン!!

高齢になってからクレジットカードの発行は難しい?

高齢になってからクレジットカードの発行は難しい?

 

クレジットカードの年齢制限は18歳以上からとなっていることはご存知の通りです。では、何歳までの方が発行できるのかご存知でしょうか?100歳まで?90歳まで?このように、発行できる上限に関して知らないという方は意外と多いのではないでしょうか。

 

 

「安定した収入」というハードルが原因

結論からいえば、60歳以上から厳しくなってくるといえます。ただ、どのクレジットカード会社も明確に “何歳まで” という上限は設定していません。審査基準で○○歳までと明確にしている可能性はありますが、外部に漏れるような情報ではないため、分からないのが現状。

 

とはいえ、相対的に見れば高齢者は厳しいのもまた事実。なぜ60歳以上から厳しくなってくるのか?ですが、答えは簡単で、定年退職がポイントになるからです。昨今は65歳まで働いている方も多くいらっしゃるので、最近では、この年齢が分岐点になっている話も耳にします。

 

ともあれ、定年退職となるため「安定した収入」がなくなってしまうということ。クレジットカードの申込資格は、この安定した収入が重要となるため、発行が難しくなってしまうわけです。

 

高齢でも大きな利益があれば可能ということ

では、高齢でも安定した収入さえあれば、発行が可能か?と気になるところ。この場合であれば、発行できる可能性はあるといえます。例えば、企業の会長職であったり、印税があったりと、このようなところでしょうか。

 

業者によって年金の扱いが異なる

高齢者の安定した収入といえば、当然、年金が挙げられます。この年金に関しては、クレジットカード会社によって、安定した収入なのか?の判断は異なります。したがって、年金受給者は「絶対にカード発行ができない」というわけではありません。どうしてもカード発行を行いたい場合は、直接、カード会社に相談してみるとよいでしょう。

 

 

定年退職前に発行しておけばOK

高齢になってもクレジットカードを持つための方法として、退職前に発行しておくことが挙げられます。要は、安定した収入があるときに発行しておいて、そのまま退職しても使ってしまおうという手。

 

実は、退職をしても、クレジットカード会社から「退職したから解約してください」というようなことはありません。もちろん、支払いが滞ってしまい無職中と判明した場合は、解約されてしまう可能性はありますが。

 

ともあれ、しっかり支払いを行っていれば、利用し続けることは可能なため、一番、手っ取り早く確実な方法といえるでしょう。ただし、頭に入れておきたいことは、あくまで「現状維持で利用ができる」ということ。キャッシングサービスの申し込みや、利用枠の増額に関しては、高齢(退職後)の場合は難しいため、こちらも、安定した収入があるうちに申し込みをしておくとよいでしょう。