クレカでギュン!!

クレジットカードの「VISA」「MasterCard」「JCB」とは何のこと?

クレジットカードの「VISA」「MasterCard」「JCB」とは何のこと?

 

クレジットカードを選ぶとき、同じカードにも関わらず、VISAやJCB、MasterCardなどの種類がある。このような経験をしたことはありませんか?

 

厳密には、同じカードではありません。VISAやJCB、MasterCardは、国際ブランドと呼ばれるクレジットカードブランドのことで、日本で発行されているクレジットカードは、主に、この国際ブランドと提携しています。したがって、発行している業者は同じなのに、国際ブランドが異なるという状況になるわけですね。

 

最たる例は、楽天カード。一言で楽天カードと言っても、JCB・MasterCard・VISAと存在しています(このことをデュアル発行と呼びます)。

 

 

国際ブランドとは?

このようなJCBなどの国際ブランドとはそもそも何なのか?簡単に言ってしまえば、世界的に認められているクレジットカードです。JCB・MasterCard・VISA・ダイナースクラブ・アメリカンエキスプレスの5つが、主に国際ブランドと呼ばれており、世界各国で利用することが可能になっています。

 

ちなみに、これらの国際ブランドと提携していないクレジットカードは、利用できるシーンが非常に狭くなってしまいます。例えば、とあるお店でクレジットカードの利用が可能なカード会社が提示されていたとします。多くの場合が、先に記載した5ブランドとなっているかと思います。日本独自の国内ブランドも存在しますが、これらは、国外ではまず利用できないと考えてよいでしょう。

 

このように、兎にも角にも、さまざまなお店で利用できるようにするためには、この国際ブランドと提携しているクレジットカードを所持する必要があるのです。

 

 

メインカード・サブカードは異なるブランドを

以前より、JCBは海外では弱いと評価されてきました。JCBは日本が世界に誇る日本のクレジットカード会社。とはいえ、やはり活動拠点が日本となるため、どうしても他の4つのブランドと比べると、海外での利用可能地域が少なくなってしまっているのです。これは確かな事実ではありますが、正直なところ、気になるほど差はないといえます。要は、観光をメインにしている国だったり、経済大国の国であれば、概ねJCBも利用できるようになっています。差が出てしまうのは、発展途上国の中でも、特に日本人には馴染みが薄い国ぐらいです。したがって、言うほどの差はないのです。

 

ただ、メインカードにJCBを所持しているのであれば、保険という意味でも、サブカードはJCB以外の国際ブランドを選ぶとよいでしょう。